BIBFIX® はパンチ穴が無くても取り付け可能!

専用パンチを忘れたらBIBFIX®を使えない…
なんて思っていませんか?

実はBIBFIX® はパンチ穴が無くても使えるんです!

「じゃあ、パンチを買う必要ないんじゃない?」と思われるかも知れませんが、ウェアやゼッケンの素材によってはしっかり留められない場合があります。あくまでパンチで穴を開けて使うのが正規の取り付け方法です。これからご紹介するのは非正規、パンチを忘れてしまった時の緊急の取り付け方法です。


@穴が開いていないゼッケンをウェアの上に置きます。


ABIBFIXの凸パーツをウェアの裏側に入れます(写真では分かりやすいように表側に置いています)。この時、ゼッケンの一部を凸パーツに重ねて下さい。


Bゼッケンを挟み込むようにして凹パーツを押し込みます。ウェアやゼッケンが厚手で挟み込めない場合は取り付けることが出来ませんので、無理に押し込まないでください。


Cちなみに挟みこむ場所は角でなくてもOKです。写真のようにゼッケンの真ん中でも構いません。


D取り付け完了!あくまで緊急時の方法ですが、穴を開けなくても取り付けられます。