ホック式ゼッケン留めの弱点を磁石で克服!

従来のゼッケン留めは、ウェアを挟み込んで留める「ホック式」でした。「ホック式」のゼッケン留めは、薄手のウェアならしっかり留めることが出来ますが、厚手のウェアやツルツルした素材のウェアには留められない(留めづらい)という欠点がありました。

そこで弊社は超強力な「ネオジウム磁石」を使ったゼッケン留めを開発しました。真冬のレースや大雨の降っているレース等でフィールドテストを何度も繰り返し、ランナーの皆様にご満足頂ける製品に仕上げました。オールシーズンでお使い頂けますが、特に冬のレースにオススメです。是非お試しください!

→お買い求めはこちらから

取り付け方法

ウェアの裏表からゼッケンを挟み込むだけ!
MAGFIX(マグフィックス)の取り付け方法は非常にシンプルで直感的です。
取り付けた後の微調整も簡単です!

磁石式ゼッケン留めに関する素朴な疑問

Q.本当に磁石だけで大丈夫?落っこちない?
A.大丈夫です。商品をご覧になっただけでは半信半疑のお客様も、実際に取り付けるとそのホールド力の強さに驚かれ、ご納得頂いています。



Q.重くない?
A.1個あたり約3.5g、4個で約14gと軽量です。1円玉(2g)を8個ウェアに貼り付けて走って頂くとイメージしやすいのではないかと思います。

Q.計測用の発信機に影響は無い?
A.磁力の影響はございませんが、金属が密着すると読み取りに影響を及ぼす発信機がありますので、発信機から数cmほど離してお使い下さい。

長くご愛用いただくために

一度使うとホック式には戻れないくらい便利なMAGFIX(マグフィックス)ですが、長くご愛用いただくためにはちょっとしたコツが必要です。

●ゼッケンのズレ対策
市民マラソン大会では、表面がツルツルした素材のゼッケンが使われている場合があります。このような素材のゼッケンの場合、長時間走行していると徐々にゼッケンがずり落ちてしまうことがあります。


このような場合は付属の両面テープ(*1)またはショッピングページで販売している「すべり止め袋」をゼッケンに貼り付けて下さい。MAGFIX(マグフィックス)がゼッケンに固定されるので、ずり落ちを防ぐことができます。

(*1)市販の両面テープ(弱粘着タイプ)でもOKです。強粘着タイプの両面テープはパーツから磁石が取れてしまうおそれがあるのでご注意下さい。

●磁石のサビ対策
MAGFIX(マグフィックス)に使用しているネオジウム磁石にはメッキ加工が施されていますが、水分や汗に濡れたままの状態にしておくと、磁石表面の微細なキズから水分が入り込んでサビが発生するおそれがあります。使用後は速やかに水分を拭き取って乾燥させて下さい。長時間走行する競技で使用する場合は、裏側のパーツをビニール袋やラップなどで包むのも効果的です。