RACE RESULTシステム

ドイツ生まれの最新鋭計測システム

RACE RESULTシステムはドイツのraceresult社が開発した最新鋭タイム計測システムです。
アクティブライフはRACE RESULTシステムの日本国内公式販売店です。
RACE RESULTは日本陸上競技連盟の承認を受けています。(陸連18発 第1084-1号)


●主な特長
・1台の計測機でアクティブタグ、パッシブタグの両方を使う事が出来る
・高機能な集計ソフトが付属している
・集計結果のWeb出力、リモート操作など、時代にマッチした機能が豊富

●コロナ禍の今だからオススメしたい計測システム
2020年はコロナウイルスの影響で多くのマラソン大会が開催中止になりました。大規模マラソンは2021年春以降も開催が難しいという意見もあります。一方で小規模なマラソンやトレイルランなどのイベントは、今後感染状況がある程度収束すれば、地域限定、人数限定などの制約の下で開催される見込みがあります。

弊社では、コロナ禍を機に新しいイベントの形、新しい計測スタイルが生まれると予測しています。新たなイベントの企画・運営を考えている皆様への最適なソリューションとして、RACE RESULTシステムをご提案します。

対応競技

マラソン、トレイルラン、駅伝、リレーマラソン、トライアスロン、自転車競技、カートレースなど、さまざまな競技のタイム計測が可能です。

ICタグ

●アクティブタグ

電池内蔵の高精度ICタグです。
移動スピードの速い自転車やカートの計測に適しています。
電池の寿命は5~7年(保証期間5年)で繰り返し利用が可能です。

●パッシブタグ

使い切り(回収不要)のICタグです。
2018年に第2世代タグがリリースされました。第2世代タグはアクティブタグに匹敵する精度を持っています。使い切り(回収不要)のため、回収作業が不要です。厚みはわずか1.3mmで、装着の違和感はほとんどありません。

●withコロナのイベントにはパッシブタグがオススメ!
アクティブタグは繰り返し使えるので経済的ですが、withコロナの状況下においてはICタグの回収作業が感染リスクになってしまいます。使い切り(回収不要)のパッシブタグを使えばその心配はありません。単価もアクティブタグに比べると圧倒的に安いので、スモールスタートを考えているお客様にもオススメです。

アンテナ

●パッシブマットアンテナ

パッシブタグ用のアンテナです。地面に敷いて使用します。1セットで約4.8m、ジョイントすることで最大約11.4mまで延長できます。特許取得の折り畳み機構により、すばやく設置・撤収が出来ます。

●アクティブループアンテナ

アクティブタグ用のアンテナです。ループケーブルを地面に設置し、その上にゴムマット等を敷いて養生して使います。段差が生じにくいので自転車計測などにオススメです。

集計ソフト


RACE RESULTシステムには本格的な集計ソフト「RACE RESULT12(英語版)」が付属しています。すでに独自の集計ソフトをお持ちのお客様は、外部連携機能を使うことにより、今までと同じ環境でRACE RESULTシステムを使うことができます。

●RACE RESULT12の主な機能
・タイムの集計
・チーム(グループ)集計
・リスト出力
・完走証(賞状)出力
・PDF出力
・Web速報機能
・計測シミュレーション
・データエクスポート
・外部ソフトとの連携

英語版のため、日本語の縦書きや筆文字などのフォントに対応していませんが、エクスポート機能を用いて他のアプリケーション(MS-Wordの差し込み印刷、イラストレーター、インデザイン等)を使って印刷物を出力することが可能です。Web速報機能が標準で装備されているので、感染症対策として記録証を手渡ししない運用も可能です。

リモート操作


RACE RESULTの計測機(名称:デコーダー)はSIMカードを挿入することでリモート操作が可能になります。複数地点を計測する場合でも、専門スタッフを現地に派遣する必要はありません。一般のスタッフに計測機を運んでもらい、機材の設置をしてもらいます(念のためZoomなどで責任者に確認してもらいましょう)。設置が終わったら電源スイッチを入れるだけです。あとは記録集計所のオペレーターがリモート操作を行います。

コロナ禍において、リモートワークは多くの企業で採用されました。タイム計測もリモートの時代です。仮に計測業者が移動制限で来られなくなってしまうような状況になったとしても、RACE RESULTシステムを使えばオフィスから計測することが出来ます。

デモ・体験会

アクティブライフではRACE RESULTの体験会を随時行っております。参加希望のお客様はお問合せフォームからお申込み下さい。ご自身のイベントでテスト的に使ってみたいというリクエストにもお応えいたします(テスト内容によっては消耗品の購入をお願いする場合がございます)。

●ピンチをチャンスに変えるのは今!
コロナ禍の影響で多くのイベントが中止をせざるを得ない状況に陥っています。特に都市部や大規模なイベントほど開催が困難です。逆に考えれば、これから十分な感染症対策をして実施するイベントには大きな注目が集まります。知名度アップ、集客率アップを目指すなら今がチャンスです。使い切り(回収不要)タグ、リモート操作、Web速報機能という大きなアドバンテージを持ったRACE RESULTシステムでピンチをチャンスに変えましょう!

[補足事項]
RACE RESULTシステムを導入、使用する際は総務省への申請が必要です。弊社でシステムを購入されたお客様には申請書類の記入方法などサポートいたしますのでご安心下さい。