ビデオ監察システムとは

競技場内にネットワークビデオカメラを設置して、競技の模様をリアルタイムで定点監視します。競技中に違反や妨害が確認されたら、必要なシーンを即座に検索、再生、プリントアウト(オプション)して、審議の参考にしていただくことができます。当システムは全日本中学校陸上競技選手権大会などでご採用頂いております。

監察ビデオの映像(キャプチャ)

安価で柔軟性の高いシステム

当システムは、マラソン大会の記録計測システムのバックアップビデオを応用したものです。そのため、他社の監察専用システムより安価でご提供できます。カメラの設置台数は必要に応じて自由に増減可能です。競技場の形態に応じて柔軟に設置することができます。

主な用途

・陸上…テイクオーバーゾーンの監視、ハードルの監視など
・駅伝…選手が混みあう1区中継所を監視
・その他、イベントで急遽監視カメラが必要になった時など

監察ビデオの映像(キャプチャ)